usagiの冒険

yoiusagi.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

夏の終わりの日

今年の夏は、なかなかタフな夏だったけれど、ついに今日で8月もおしまい。
きっと日本中のお母さんたちは、やっと子供が明日から学校に行ってくれると、
ホッと胸を撫で下ろしていることでしょう。(笑)
c0042847_18213344.jpg

ちょっとだけ秋を思わせる風が吹く夕方、コーダと総合運動公園に
お散歩に行ってきました。
急な階段登るのは、コーダは大得意。
まったく、usagiさんは遅いなーって顔してます。
ちょっと待っておくれ。(^^;
c0042847_18241225.jpg

「イノシシ注意」の看板はいまも健在。でも、ホントにいるんだろうかねぇ。
あんたをイノシシと間違える人はいないかもだけど、クマと間違える人は
いるかも知れない。気をつけなさいね、コーダ。(笑)
c0042847_18262952.jpg

M田さんちのバラ園も、今はすっかり秋の庭の風情です。
[PR]
by yoiusagi555 | 2012-08-31 18:27 | お散歩

富士山に登ってきました♪ その3

剣ヶ峰でにやにや喜んでいたら、「usagiさ~ん!」と、呼ぶ声が。
c0042847_10153896.jpg

あら、さっきトイレに行ってたメンバー2人が下から手を振ってます。
「何だか人がいっぱい並んでるんで、行くのやめようかなと思って。」とか言ってる。

そう、旧富士山測候所(剣ヶ峰)へ上がる最後の階段には、長蛇の列。
みんな、山頂標識の前で記念撮影がしたくて、おとなしく順番を待ってるんでした。
c0042847_10175752.jpg

みんなガマン強いなぁ。
でも、時間もないことだし、横からちょこっと写すだけならだいじょうぶそう。
ということで、二人を呼んで記念撮影♪
c0042847_10191546.jpg

いつまでも剣ヶ峰で遊んでいたいところだけど、もう戻らないとね。
c0042847_10194955.jpg

みんなの待つ須走山頂は、ちょうど剣ヶ峰の反対側。
ぐるっと回っても一緒だねと、お鉢を回って帰ります。
c0042847_1021126.jpg

雪のある頃は、大勢のスキーヤー、ボーダラーたちがお釜の中に
滑り降りて遊んだんだろうなぁ。今行ったら怒られそう。(^^;
c0042847_10221143.jpg

須走山頂まで戻って来ました。ここには方位盤と鳥居があります。
前登った時は、強風で飛ばされそうになりながら、うらめしげに
剣ヶ峰方面をながめたっけ・・・
c0042847_10231999.jpg

富士山頂奥宮で全員集合してから、名残惜しいけど下山です。
c0042847_10241686.jpg

さあ、がんばって下るぞ!
c0042847_10244658.jpg

c0042847_1025461.jpg

c0042847_10252517.jpg

c0042847_10254263.jpg

c0042847_10261488.jpg

砂走りも快調に下り、砂払5合目に到着です。
c0042847_10264716.jpg

ヤレヤレですが、まだ標高で300mも下らないと・・・
c0042847_10272482.jpg

ついさっきまでいた富士山頂が、もうあんなに遠い。
c0042847_1028320.jpg

やがて、樹林帯に入り、前日登ってきた道と合流しました。
須走登山口に戻ったら、みんなで記念撮影しようと思ってたけど、17時発の
シャトルバスに間に合うように、最後はダッシュしたので撮り忘れちゃった。(>_<)
c0042847_10302459.jpg

駐車場まで戻り、山岳会ですから~の体操でシメ。(笑)

今回の富士登山は、10人それぞれの思いが叶った2日間でした。
人を思いやる気持ちが、全員で山頂に立つ力になったと思います。
ありがとう、富士山。やっぱ、日本一の山だね♪

☆富士山に登ってきました♪ その1
☆富士山に登ってきました♪ その2
[PR]
by yoiusagi555 | 2012-08-30 10:40 | 登山

富士山に登ってきました♪ その2

富士山は不思議な山で、24時間ずっと休むことを知りません。
山頂での御来光を目指し、夜通し登って来る人たち。
山頂で夕焼けを見てから、暗い下山道を下って行く人たち。
そんな人たちが灯すヘッドランプの光が、山頂からずっと
登山道の形に連なっています。

こんなこと、普通の山では考えられません。
それだけ、人も小屋も多く、登山道も整備されているので、
怖くないってことですかね。(ちょっと下山が暗くなっただけでド叱られるのに・・・^^;)

そんなことはさておき、usagi御一行さまたちは、翌日の晴天を約束する
満天の星空の下、瀬戸館で快適に一夜を過ごしました。
c0042847_13102171.jpg

一夜明け、小屋の前で御来光を待つ人たち
c0042847_1394128.jpg

そして、力強く登ってきた朝陽に背中を押され、
モルゲンロートに染まる山頂目指して歩き始めました。
c0042847_13135758.jpg

身体を高所に慣らすため、本当にゆっくり、ゆっくり登って行きます。
c0042847_13152021.jpg

6合目の瀬戸館から、1時間以上かけて7合目の大陽館まで来ました。
c0042847_13162414.jpg

目指す高みはまだまだ先。
c0042847_13171394.jpg

本7合目の見晴館に到着。ここで標高は3200m。
高度障害が出始める人たちがちらほら・・・
c0042847_13224739.jpg

ちょっと心配ですが、がんばって登っていきます。
c0042847_13234223.jpg

本8合目の江戸屋に到着。
c0042847_13243369.jpg

usagiたちの安全登山を祈ってくれるように、タルチョが風にたなびきます。
c0042847_13282184.jpg

ここまで来て、S子さんの頭痛が少しひどくなってきました。
「もう、ムリかも・・・」と、S子さん。
でも、もう少し頑張ってみようと、S子さんのザックをM夫さんが
Wザックで背負ってくれました。
c0042847_1326547.jpg

さあ、みんなで気合を入れて出発です。
c0042847_13304049.jpg

目指す山頂は、もうすぐそこ。
みんなの思いはただひとつ。全員で山頂に立とう!
c0042847_13315231.jpg

雲よりも、こんなに高く登って来ました。
c0042847_13324457.jpg

あの鳥居をくぐればゴールです!
c0042847_13375113.jpg

登頂は半ば諦めかけてたS子さんも、登頂が夢だったMさんも、
富士山に登れることはないだろうと諦めていたKさんも、
みんな揃って、富士山の山頂に立つことができました。(涙)
c0042847_13484449.jpg

お疲れ気味の4人には待っていてもらって、元気な6人で富士山最高所
剣が峰を目指していってきまーす。それにしても、すごい雑踏。(^^;
c0042847_1351329.jpg

usagiは前回来た時は、あまりの強風でお鉢巡りができなかったんで、
今回はるんるんで歩きます。
c0042847_13581857.jpg

お釜もすごい迫力です♪
c0042847_13525181.jpg

20分ほど歩いて、富士宮山頂
c0042847_13543617.jpg

ほう、これが有名な富士山頂の郵便局ね♪
c0042847_1355645.jpg

そして、最後にこの急坂を登れば、
c0042847_13554118.jpg

富士山最高所☆剣ヶ峰
c0042847_1356975.jpg

もちろん、2等三角点もなでなで♪
c0042847_1357653.jpg

最高の気分でありました。


☆富士山に登ってきました♪ その1
☆富士山に登ってきました♪ その3
[PR]
by yoiusagi555 | 2012-08-29 13:59 | 登山

富士山に登ってきました♪ その1

先週末は、山岳会の仲間10名で、賑やかに富士登山でした。
富士山に登るのは、usagiは3回目。
1回目、富士宮コースから雪の富士山は高山病で、九合五勺であえなく敗退。(>_<)
2回目、須走コースからまったり山行で初登頂♪

今回は、前回登ったのと同じ須走コース。
usagiが初登頂を果たしためでたいコースなので、高所順応が苦手な
メンバーのためにと、超カメモード山行を企画してみました。
c0042847_11561914.jpg

昨年より、ハイシーズンの土日、須走登山口へは「道の駅すばしり」で
シャトルバスに乗り換えて行きます。(今年は8/26で終了)
c0042847_11574461.jpg

須走5合目に到着したメンバー10名。みんな元気満々です。
c0042847_115922100.jpg

ちょうどお昼だったので、山荘菊屋さんで評判のきのこうどんを食べ、
c0042847_120546.jpg

のんびり1時間ほど高所に身体をならしてから出発です。
c0042847_121598.jpg

須走コースは、富士宮や吉田口に比べて出発の標高が低く、
自然豊かな富士山を楽しめます。
c0042847_1244684.jpg
c0042847_1241276.jpg
c0042847_1235283.jpg
c0042847_1233950.jpg
c0042847_1231914.jpg

c0042847_12224448.jpg
c0042847_12222249.jpg

これ、みんな富士山の登山道で咲いていた花なんですよ。
c0042847_1253022.jpg

標高が上がるにつれ、火山の様相を現す登山道に変わります。
c0042847_1263637.jpg

それにしてもいい天気。風もそよかぜのようで心地よく、
暑くもなく、寒くもなくという感じ♪
c0042847_1285365.jpg

ゆるゆる歩いて、標高2700m、本日のお宿「瀬戸館」に到着。
c0042847_12132427.jpg

受付をすませ、荷持を置いてから、高所順応トレーニングと称して、
小屋からさらに100mくらい上まで歩きに行きました。
c0042847_12114032.jpg

これで、明日はばっちりのハズ♡
(二人が持ってる杖については、また後ほど・・・)
c0042847_12143071.jpg

影富士を見ながら、ゆっくり小屋に戻り、
c0042847_1237765.jpg

小屋で夕飯は、富士山定番のカレーライス
c0042847_12165938.jpg

おかわり自由のカレーライスは、なかなかナイスな味だったそうです。
(usagiは食べてないので ー^^;)
c0042847_12175454.jpg

ご飯のあとは、小屋前の雲海テラスで宴会
c0042847_12201193.jpg

だんだん暮れゆく関東地方の景色を眺め、みんなでお酒を酌み交わし、
楽しい時間が過ぎて行きます♪
c0042847_12205374.jpg

やがて、あたりは闇に包まれ、あちこちで上がる花火が色を添える
豪華な夜景へと変わっていったのでした。


☆富士山に登ってきました♪ その2
☆富士山に登ってきました♪ その3
[PR]
by yoiusagi555 | 2012-08-27 12:22 | 登山

長者峰・高嶺お散歩

今朝突然、元山岳会で一緒だったTさんに誘われてお散歩に行ってきました。
行ったのは、「車でずっと上まで行ける山」というリクエストだったので、
平谷の長者峰・高嶺を選びました。(暑い盛りなので、コーダはお留守番 ^^;)
c0042847_1523571.jpg

長者峰・高嶺はusagiんちからグリーンロードとR153を走って
ほんの1時間半ほどで行ける近場のお山です。
c0042847_1533835.jpg

平谷の道の駅を過ぎ、ほんの少し飯田方面に走った左側に、
林道高嶺線の入り口があり、
c0042847_1543126.jpg

舗装道路をぐんぐん上がって、長者峰山頂直下まで行けます。
c0042847_155538.jpg

ほどなく、「平谷高原 高嶺自然プラネタリウム」の石碑のある駐車場に到着。
c0042847_1555112.jpg

ここには星座表や山頂からの展望図が収められたタル?もあり、親切そのもの♪
c0042847_156521.jpg

ここから、ほんの30秒で3等三角点のある長者峰山頂ですが、
まずは登山道を歩いて高嶺まで。
c0042847_1594927.jpg

登山道といっても、りっぱな林道です。
c0042847_1510422.jpg

林道は展望バツグン! 空へと続く道みたいです。
c0042847_1514475.jpg

林道をスタスタ15分くらい歩いて行くと、高嶺山頂への急登の道が見えて来ました。
c0042847_15152425.jpg

この林道はさらに先へ伸びるみたいで、重機が活躍中でした。
c0042847_151612100.jpg

ほんの数分の登りですが、これがまた急で・・・(^^;
c0042847_15165126.jpg

でも、あっという間に標高1599mの高嶺山頂です。
c0042847_15172913.jpg

山頂からの景色はこんな感じ。
南方面が開けていて、茶臼山や、明神山など三河の山々が見渡せます。
c0042847_15181971.jpg

山頂から向こうへも、良い感じの登山道が続いていて、こちらは
悪沢・上悪沢へと続くようです。
c0042847_15215499.jpg

お昼ごはんを食べて休憩したら長者峰へと戻ります。
c0042847_15223080.jpg

あんまり簡単に来たけど、さすが標高1500m越えの山です。
林道の脇は、良い感じの森。
c0042847_15243560.jpg
c0042847_1524212.jpg
c0042847_1524392.jpg

c0042847_1535736.jpg

c0042847_15235011.jpg
c0042847_15233849.jpg

c0042847_15271738.jpg

そして、思いがけず花・花・花・・・♪
c0042847_15553479.jpg

長者峰への途中、パラグライダーが飛び立つ場所です。
ここから飛んだら、きっと鳥になってみたいでしょうね。
c0042847_1528491.jpg

長者峰山頂の展望台。ここからは360度のパノラマで、天気のいい日は
南アルプスの高峰までずっと見渡せます。
今日はちょっと雲に隠れて、あんまり見えませんでしたが・・・

ということで、1時間程のお散歩でしたが、ホント気持ちのいい一日でした♪

※長者峰、高嶺へは平谷の道の駅から歩いても登れるようです。
 道の駅の裏手の神社から道沿いに歩き始め、そこかしこにある
 登山道の案内板に導かれ、何度か林道を横切りながら山頂まで行けます。
 でも、次にusagiが行くときも、きっと車だと思うけど。(^^;
 
[PR]
by yoiusagi555 | 2012-08-24 15:29 | お散歩

実りの秋だわん

c0042847_18284840.jpg

コーダのいつものお散歩コース、気がついたらもうすっかり
稲穂は頭を垂れていました。
c0042847_18375895.jpg

よしよし、今年も豊作間違いなしだワン。
c0042847_18292840.jpg

これも、毎日ボクがお散歩しながら、見守ったおかげワン。
c0042847_18302259.jpg

そういうことではないと思うけど、それでも平和に実った田園風景は
ココロ癒されるね♪
c0042847_18334253.jpg

家に帰れば、いつものようにドデンと横たわり、
c0042847_18323230.jpg

しっかりお水を飲んで、
c0042847_18343748.jpg

すっかりご機嫌のコーダなのでした♡
[PR]
by yoiusagi555 | 2012-08-22 18:35 | フラットコーテッド

きのうは「寿」飲み会

c0042847_12151445.jpg

昨日は、名駅の居酒屋で山の仲間の結婚を祝い、ささやかな
飲み会があった。
気の置けない仲間たちで和気あいあいと、楽しい会だった。
なにせ、めでたいし。゚+。(ノ´∀`)ノ《ォメデトゥ》。+゚
c0042847_12174822.jpg
c0042847_12174054.jpg

お料理も、usagiの食べれそうなものばかり出てくいるお店を
選んでもらったんで、しっかり食べ、
c0042847_12184530.jpg

しっかり飲んで、すっかりいい気分で帰ってきたのでした。
(昨日は星ヶ丘で乗り過ごすこともなく、ちゃんと終バスに乗れたよ。自慢 ^^)
[PR]
by yoiusagi555 | 2012-08-21 12:19 | たわごと

ここんとこのusagi

裏銀座縦走と、その前のあれこれ怒涛の山行ですっかりくたびれたusagiは
この1週間はおとなしくおウチで静養。
ずっと放りっぱなしだった家族や愛犬とのんびり過ごしました。
c0042847_13172681.jpg

c0042847_13183710.jpg

c0042847_1331077.jpg

usagi一族でりんくうビーチに繰り出したり、
c0042847_13193180.jpg

お盆なんで、実家に遊びに行ったり、
c0042847_13302178.jpg

c0042847_1320412.jpg

ひさびさに大高のドックランに行ったり、
(白柴君に絡み中のコーダ。おまえ、しつこいったら ^^;)
c0042847_1321894.jpg

c0042847_13222066.jpg

c0042847_13361290.jpg

お庭でBBQをしたり・・・
平凡だけど、平和で幸せな1週間でした。(^^)

今日からはちょっと活動再開。
といっても、今夜は「寿」関連の飲み会。

明日は例会。
明後日は運営委員会。
その次は登山学校の打ち合わせ。(あらま、使役が続くわ ^^;)

でもって、週末はひさしぶりの富士登山♪
また、ゆるゆると動き始めるusagiです。
[PR]
by yoiusagi555 | 2012-08-20 13:28 | たわごと

裏銀座縦走 その3

前日、がんばって双六小屋まで降りたのは大正解。
usagiたちは5人部屋に4人で泊めてもらい、超ラクラク♪
あのまま三俣山荘に泊まったら、お布団1枚に何人寝かされたろう。(^^;
c0042847_10543216.jpg

ということで、すっかり元気になった4人、小屋前で記念撮影してから出発します。
c0042847_10574459.jpg

前に双六小屋に泊まった時、アホなusagiは完全に方向を間違えて、
こっちの槍ヶ岳方面に行ってしまい、半べそをかいたっけ。
今日は間違えません。(みんなも一緒だし ^^;)
c0042847_105658100.jpg

新穂高方面へ向かうと、ここにも診療所が・・・。
向井理はいないだろうけど、サマーレスキューだね♪
c0042847_110596.jpg

昨日はあんなに一杯だったテントも、今はまばらになってます。
これからお天気も崩れるみたいだし、早いとこ撤収して下ったのかな?
それとも、果敢に奥地へと進んだか?(^^;
c0042847_11232916.jpg

この日は新穂高に下るだけなので、曇り空もまたよし。
花たちを愛でながら、のんびり歩くことにしましょう。
c0042847_11223058.jpg
c0042847_11221180.jpg
c0042847_1121516.jpg
c0042847_11213645.jpg
c0042847_11212318.jpg
c0042847_11211665.jpg

c0042847_112649100.jpg

c0042847_11271356.jpg

花見平も霧の中。
c0042847_11254365.jpg

この2日間、ずっと私達と一緒にいてくれた槍ヶ岳も、この日は雲の中から
ほんの少し頭をのぞかせるだけ。
c0042847_11423522.jpg

ずんずん下って、鏡平山荘到着
c0042847_11442391.jpg

鏡池にも、もちろん何も映りません。
c0042847_11451014.jpg

シシウドガ原を過ぎると、少しずつ稜線が見えてきました。
c0042847_11465250.jpg

登山者で賑わう秩父沢。
悪天予報にもめげず、どんどん登ってくる人たちでスレ違いが大変。(^^;
c0042847_1149222.jpg
c0042847_11485545.jpg
c0042847_1148375.jpg
c0042847_11482851.jpg
c0042847_11481577.jpg

少し標高が低くなった辺りの花たち
c0042847_11504349.jpg

ほどなく林道に出て、
c0042847_11511094.jpg

いいかげん林道歩きがいやになった頃、わさび平小屋に到着。ヤレヤレ♪
c0042847_11521250.jpg

さらに林道を歩き、お助け風を今回初めて発見し
(いつも、見過ごしてました ^^;)
c0042847_1153853.jpg

お昼前に新穂高到着。(ゲート前)
c0042847_11535472.jpg

さらに20分ほど歩いて、ようやく車を回送してもらってある深山荘へ。
長く、楽しかった裏銀座縦走を無事歩き通し、温泉で汗を流してから
大満足で家路についたusagiたちでした。

★裏銀座縦走 その1
★裏銀座縦走 その2
[PR]
by yoiusagi555 | 2012-08-18 11:56 | 登山

裏銀座縦走 その2

野口五郎小屋は、しみじみいい小屋でした。
野口五郎岳の山頂直下、古き良き山小屋という佇まい。
4人部屋に4人で泊めていただいたので、しっかり手足を伸ばして
寝ることができ、前日の疲れも取れました。
c0042847_8253267.jpg

野口五郎の山頂で朝陽を見たいねと、4時半には小屋を出発。
c0042847_8274941.jpg

朝陽を浴びながら、槍をバックに記念撮影♪
c0042847_8285155.jpg

さあ、今日もがっつり歩くぞーと、出発。
c0042847_834363.jpg

真砂岳山頂は、ちょっと後ろ髪引かれつつスルー。(登山道もないし・・・ ^^;)
湯俣への分岐を過ぎて、
c0042847_8353476.jpg

しばらく歩いたところで、朝ごはん休憩。「槍ヶ岳テラス」と名付けたその場所は、
c0042847_8304142.jpg

目の前にどーんと槍ヶ岳。こんな贅沢ちょっとないでしょ?
c0042847_8331052.jpg

お腹も膨れたんで、ずんずん歩きます。
c0042847_8374364.jpg

時々、こんな岩場を乗り越えながら、
c0042847_993468.jpg

まずは、水晶小屋を目指します。
c0042847_8395519.jpg

水晶小屋が近づいて来ました。
c0042847_8402516.jpg

8年ぶりに訪れた水晶小屋は、ずいぶん立派になっていました。
小屋のご主人に聞いたところ、5年前に建て替えたとのこと。
何と言っても、北アルプスの要の小屋ですからねー。
これだけしっかりした小屋なら安心です♪
c0042847_8432624.jpg

小屋から水晶岳までは片道40分ほど。
小屋に荷物を置かせてもらい、空身で水晶岳を目指します。
c0042847_8453767.jpg

スイスイ歩いて、水晶岳山頂。
周りは、山、山、山・・・ 北アルプスの只中にいる幸せです♪
c0042847_8495284.jpg

山頂からの景色をどうぞ♪
c0042847_8503365.jpg

雲ノ平方面。
c0042847_8581267.jpg

赤牛岳へと続く道。来年の夏は、ここを歩いていこう。
c0042847_8501262.jpg

尖って見えるのは笠ヶ岳。
明日は、あの笠ヶ岳の登山口まで降りていくんだもんねー。
こりゃあ、遠いわ。(^^;
c0042847_859347.jpg

水晶小屋まで降りてきて記念撮影♪
c0042847_901880.jpg

さあ、先を急ごう。
c0042847_903792.jpg

ワリモ岳への分岐に来たところで、usagiにはひとつタクラミが・・・
鷲羽岳を踏みたいYさん・Mさんと分かれ、usagiとSさんは祖父岳へ向かいます。
c0042847_984687.jpg

そして、たどりついた「岩苔乗越」
・・・usagiはこの場所へ来たかった。
ずっと来たいと思いづつけて8年が経った。この標識を見たとたん、何だか少し涙が出た。
ここはusagiにとっては、ちょっと特別な場所。
その話は、いずれまた・・・
c0042847_964660.jpg

いつまでもセンチメンタルになっててもしょーがないんで、走って祖父岳へ。
c0042847_97544.jpg

祖父岳は、たらーっとした何でもない山頂だった。雲ノ平への通過点って感じだね。
でも、とりあえず100高山を1座GET!
c0042847_9101526.jpg

岩苔乗越まで戻り、黒部源流を通って、2人と待ち合わせた
三俣山荘へ急ぎます。
c0042847_9121080.jpg
c0042847_912132.jpg
c0042847_9114853.jpg

黒部源流沿いは花の多い道でした♪
c0042847_9125294.jpg

30分遅れくらいで、三俣山荘に到着。無事2人と合流できました。
この時、1;40。三俣山荘には、どんどんと登山客が到着してきます。
この小さな小屋に、いったいどれほどの人が泊まるのだろう・・・
c0042847_9134781.jpg

ということで、双六小屋までいく事にしました。
この日、目指すピークはあと2つ
c0042847_914742.jpg

三俣蓮華岳
c0042847_9144919.jpg

双六岳
c0042847_9153097.jpg

野口五郎小屋を出てから10時間以上。
かなり疲れもたまった頃、
c0042847_931090.jpg

ようやく、この日のお宿「双六小屋」が近づいて来ました。
c0042847_9192828.jpg

双六小屋も8年ぶりだね。あいかわらず、超りっぱな小屋です。
c0042847_9201091.jpg

自炊部屋で、お疲れ様♪

☆裏銀座縦走 その1
☆裏銀座縦走 その3
[PR]
by yoiusagi555 | 2012-08-17 09:21 | 登山