usagiの冒険

yoiusagi.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

焼石岳

岩手県の焼石岳に行ってきました。
焼石岳にはいろいろ登山ルートがあって、どこから登ろうか迷ったけど、
コースも短く、一番登られている中沼コースで上がることにしました。
でも・・・
c0042847_1717524.jpg

中沼コース登山口へは、尿前林道の悪路を7km走ります。
ネットでもあれこれ道が荒れてる情報はあったけれど、まさかの
アプローチ敗退!Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン
c0042847_17194953.jpg

スゴスゴ引き返し、ちょっと長いつぶ沼コースから登ることにしました。
c0042847_17235385.jpg

つぶ沼登山口は国道397号からすぐ、キレイなトイレもあるりっぱな
駐車場完備。なのに、なぜか他に車は1台もとまっていません。
c0042847_17214296.jpg

さらに、登山口にはこんな凶悪なクマ出没の看板が・・・
c0042847_17294580.jpg

なんかヤナ感じだなぁと思いながらも、整備されたブナの道を行きます。
c0042847_17282141.jpg

時々、アジサイや
c0042847_17284535.jpg

ホトトギスなんかの花に癒され、
c0042847_17303746.jpg

ヌカルミにてごずりながら、1時間40分ほどで石沼に到着。
ここまで、バードウォッチングの女性ひとり、単独の男性ひとりと出会っただけ。
やはり、ほとんどの人は中沼コースから行くのかなぁ。
でも、あの林道をよく上がれたねなどと思いながら、さらに歩き
c0042847_17341225.jpg

ようやく9:00に中沼との分岐に到着。
ここからは、予想通りワラワラと登山者がいました。(^^;
c0042847_17363456.jpg

さらに20分ほど歩いて、銀名水の水場到着。
冷たくて、超おいしい銀名水をしっかり飲んで、山頂を目ざします。
c0042847_17385891.jpg

c0042847_18215599.jpg

c0042847_17382228.jpg
c0042847_1738686.jpg

このあたりから、だんだん花が増えてきました。
c0042847_17402160.jpg

銀名水から少し行くと、登山道唯一の雪渓の通過です。
このあたりから、地元のご夫妻と少しずつ話を交わすようになりました。
それが、その後、思わぬ展開になるとは・・・
c0042847_17421036.jpg
c0042847_17415050.jpg
c0042847_17413247.jpg
c0042847_17411093.jpg

花の宝庫、姥石平です。もう、るんるんです♪
c0042847_17442474.jpg

目指す焼石岳の山頂には、少しガスがかかっています。
c0042847_17474229.jpg

泉水池に到着。ここから焼石岳山頂は、ほんの一足です。

ここに来るまで、usagiたちがつぶ沼コースから上がって来たこと。
中沼登山口へは、車で行けなかったこと。
つぶ沼コースにはほとんど人が入っていなかったことをお話して、
ご夫妻からはこの5月に、つぶ沼の登山口付近で登山者がクマに襲われる
被害があったことをお聞きしました。
さらに、1月に遠野の山でクマに襲われた人の凄惨な話も・・・クマ怖い。

そして、ご主人からは一緒に中沼コースに下ったら、つぶ沼の登山口まで
車で送りますよのお言葉。ありがたく、お世話になることにしました。
c0042847_17535632.jpg
c0042847_17533276.jpg

ちょっと調子の良くないご主人は泉水沼でお留守番。
奥様に案内いただき、さらに花を眺めながら焼石岳を目指します。
c0042847_17543858.jpg

焼石岳山頂到着♪
c0042847_17562088.jpg

あいにくのガスで、遠望はできないものの、広々した感じがステキです。
c0042847_17592311.jpg

山頂を楽しんでから、泉水沼まで戻り、のんびり昼食タイム♪
c0042847_1812093.jpg
c0042847_181354.jpg

またまた花を愛でながら下り、
c0042847_1815249.jpg

行きはスルーした銀名水避難小屋にトイレ休憩で立ち寄り
(キレイな小屋でした。トイレは、避難小屋なのに水洗!)
c0042847_183237.jpg

下山は、ご夫妻の好意に甘えて中沼コースへ
c0042847_183516.jpg

本来なら、見ることのできなかった景色です。(感謝!)
c0042847_1855447.jpg

つぶ沼登山口を出発してから9時間、無事中沼登山口に到着
c0042847_187227.jpg

広い駐車場には、けっこうな数の車。やはり四駆が多いものの、普通車もちらほら。
みんな、よくあの道を上がって来たなぁ。(^^;
その後、泥だらけのusagiとパパを乗せ、つぶ沼の駐車場まで送っていただきました。

朝、アプローチ敗退の時は、焼石岳は途中までしか行けないだろうと、
半ばあきらめていました。(ちょっとパパの足の具合も悪かったし ^^;)
でも、ご夫妻に親切にしていただき、つぶ沼、中沼、両方のコースを
歩くことができ、大満足の焼石岳になりました。
本当に、ありがとうございました。゚.+:。(´∀`)゚.+:。
c0042847_1565640.jpg

この日、歩いた道です。けっこう長かったね~。
[PR]
by yoiusagi555 | 2012-07-30 18:14 | 200名山

明日から東北

本当の夏がやってきた!って感じの今日この頃。

usagiは家族旅行で東北に行ってきます。
ちょこっと花のキレイな山に登って、おいしい魚やお寿司を食べて、
のんびり、まったりして来る予定。

コーダはエリちゃんとおうちでお留守番。
ってことで、いってきます。+.゚(*´∀`)b゚+.゚イィ
[PR]
by yoiusagi555 | 2012-07-26 14:22 | たわごと

中央アルプス縦走2012 その2

翌朝、雨は上がっていました。
長い行程だけど、暗いうちから動くのは嫌だったので
5時も過ぎ、明るくなってから檜尾避難小屋を出発しました。
c0042847_118503.jpg

今回のメンバー5人。今日も元気です♪
c0042847_1195629.jpg

正面の雲の上に、これから目指す空木岳が浮かんでいます。
こうして見ると近い感じなんだけど、これがきっと遠いんだろうなぁ。
c0042847_1112462.jpg

小屋の近くはハクサンイチゲのお花畑
c0042847_111511100.jpg

いったん檜尾岳に登り返し、本日の縦走が始まります。
c0042847_11342592.jpg

これから歩く道はこんな感じ。まずは熊沢岳を目指します。
c0042847_11294195.jpg

いくつも、いくつも小さいピークを越えて行きます。
途中、岩場もけっこうあり、通過に時間がかかります。
c0042847_11195257.jpg

檜尾岳から2時間以上かかって、ようやく熊沢岳到着。
この間のコースタイム1時間10分なんて絶対無理! 
よほど早足自慢の人が、空身で飛んで歩いての時間でしょう。(^^;
c0042847_11231889.jpg

東川岳への道
c0042847_11324316.jpg

アップダウン、岩場とも多く、なかなか疲れます。
c0042847_113561.jpg

この日2つ目のピーク、東川岳到着♪
これからいったん木曽殿越えまで下ります。
c0042847_1136852.jpg

20分ほど下ると、木曽殿山荘が見えてきました。
c0042847_11371035.jpg

とかくウワサの木曽殿山荘。
ここに泊まる行程で計画したら、もうちょっと縦走も楽だったかもですが、
今回は意地でもここには泊まらないぞ!と、立てたコースだったんで。(^^;

とりあえずトイレだけはお借りして(使用料200円!)、空木岳を目指します。
c0042847_11415034.jpg

c0042847_11405769.jpg

c0042847_11434583.jpg

c0042847_11442752.jpg

木曽殿山荘から空木岳への道は、急斜面、岩場の連続で緊張が続きます。
でも、熊沢岳や東川岳への道に比べれば、ずいぶん整備されていたので、
まだこちらの方がマシかな。(^^;
c0042847_11451163.jpg

歩き始めてから7時間以上かかって、ようやく空木岳山頂です♪
c0042847_11485368.jpg

山頂から池山方面へは、緩やかな砂礫の道。
c0042847_11493859.jpg

ゆるゆる下って、駒峰ヒュッテ到着♪
ここで、この日、空木岳登山口から上がってきた友人と合流。
c0042847_1151619.jpg

差し入れの大福をいただき、元気に下山開始☆
c0042847_11521844.jpg

でも・・・
c0042847_1153412.jpg

長大な池山尾根は、やはり長大でした・・・(>_<)
c0042847_11533932.jpg

下山口についた時はヘッデンのお世話に。
この日の行動時間は、実に14時間を越え、長時間歩行の新記録となったのでした。
c0042847_11544717.jpg

2日間で歩いた道です。
7/21 沿面距離:13.45km 行動時間:9時間30分
7/22 沿面距離:約17km 行動時間:14時間20分
     (2日目は、GPSのスイッチをしばらく入れ忘れてたんで ^^;)
[PR]
by yoiusagi555 | 2012-07-25 12:00 | 登山

中央アルプス縦走2012 その1

念願だった中央アルプス縦走に行ってきました。
コースは千畳敷までロープウェイで上がり、極楽平から三ノ沢岳ピストン、
のち檜尾岳を踏んで、その夜は檜尾避難小屋泊。
翌日は、熊沢岳、東川岳、空木岳とピークを踏んで、長大な池山尾根を
一気に下って登山口へという長丁場。
c0042847_18182494.jpg

出発前。今ひとつ天気が思わしくないということで、この時期は混雑を
心配していたロープウェイにもすんなり乗れ、8時過ぎには歩き始めました。
この頃は、まだみんな余裕の笑顔。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
c0042847_18202476.jpg

極楽平から、いったん分岐まで北上し、三ノ沢岳を目指します。
この頃にはすでに雨具をつけ、この日は一日中ずっと雨。(>_<)
c0042847_18214339.jpg

三ノ沢岳までは、いったんゆるゆる下り、その後ゆるゆる登ります。
c0042847_18223362.jpg

以外と岩場の多い道でした。雨に濡れた岩場の通過はけっこうや~です。
c0042847_18243681.jpg
c0042847_18241932.jpg
c0042847_1824894.jpg
c0042847_18235614.jpg

なかなかお花の多い道でした♪
c0042847_18252627.jpg

雨の三ノ沢岳山頂です。
景色も見えず、雨も降り止まないのでさっさと下ります。
c0042847_18261121.jpg

歩きにくいハイマツ帯をごそごそ歩き、
c0042847_18265357.jpg

岩場をよっこらしょと乗り越えて、
c0042847_18273547.jpg

c0042847_18275127.jpg

またまた花やハイマツの実?の鮮やかな赤と緑を愛でながら
c0042847_18283835.jpg

極楽平まで戻り、今夜のお宿、檜尾避難小屋を目指します。
c0042847_18295092.jpg

檜尾岳への道は、思った以上に岩の道でした。
c0042847_18305241.jpg

こんなところや、
c0042847_18311390.jpg

こ~んなところを通り、
c0042847_1831469.jpg

何度も、何度も偽ピークにダマされ続け、いい加減グレかけた頃、
やっとで檜尾岳に到着☆
c0042847_18331494.jpg

あとは、檜尾避難小屋に下っていくだけ。
c0042847_18334950.jpg

歩き始めてから9時間以上、ようやくお宿に到着です。
でも・・・、小屋の扉をあけたとたん、衝撃の事実が!!!
c0042847_1834558.jpg

外にテントが2張りあるのを見た時、嫌な予感はしたんだけど、
こんな天気だから誰も上がって来ないだろうという予想は大外れ。
超満員の小屋に、usagiたち5人が入れるだろうか。。。Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン
c0042847_1854772.jpg

でも、先客たちは優しい人たちばかりで、少しずつ詰めてくれ、
ご飯を作るスペースまで空けてくれる親切っぷり。
c0042847_1839693.jpg

びしょ濡れで、疲れ果て、小屋に入れなかったらどうしようと、
一瞬青ざめたusagi一行だったけど、夕飯も食べ、少し温まったら
すっかり元気になり、なぜか不思議なことにusagiの声を知っていると
いう人まで現れて、すっかり舞い上がってしまったusagiでした。
(うるさくしてスミマセン ^^;)

その夜は、定員20名のところ19名ほどの登山客でひしめき合う小屋で
ほとんど眠れなかったけれど、それでも身体を横たえただけでも
疲れが多少取れ、明日はきっと天気と信じて一晩過ごしたusagiでした。

☆中央アルプス縦走 その2につづく
[PR]
by yoiusagi555 | 2012-07-23 18:43 | 登山

明日から中央アルプス♪

今夜発で、中央アルプス縦走に行ってきます。

さっきからあれこれ準備してたら、何だかコーダが
せつなそうな顔してる。

ごめんね。またお留守番・・・(^^;
[PR]
by yoiusagi555 | 2012-07-20 15:17 | たわごと

夏はプールで乗り切るワン

c0042847_19261137.jpg

エリちゃんが買ってくれたプール
c0042847_19263755.jpg

毎日、入っているワン♪
c0042847_1927059.jpg

ジャブジャブジャブ・・・ お母さん、もっと水、満タンにして下さい!
(あのねー、水道代も大変なのよん ^^;)
c0042847_19274943.jpg

はー、気持よかった♪
こんどはこれで遊んでワン!

猛暑でお散歩があんまりできない今日この頃、お庭で楽しく遊ぶ
コーダなのでした。(笑)
[PR]
by yoiusagi555 | 2012-07-19 19:29 | フラットコーテッド

針ノ木岳 2日目

c0042847_11313794.jpg

翌朝は、キレイに朝焼けにはならなかったものの、遠くの稜線まで見える。
天気は問題なさそうだねと、5時半に出発。
c0042847_11324154.jpg

出発前にもう一度、針ノ木雪渓を見下ろしてみたけど、やっぱ急。
こんなところを降りて下山じゃなくてよかった。(^^;
c0042847_1135247.jpg

小屋のすぐ脇の急斜面を登り、小山を2つ越え、少し下がったところから
雪の道が始まります。
c0042847_1136389.jpg

思っていたよりは残雪も減っている感じ。ここはアイゼンなしで通過。
c0042847_11363898.jpg

ここからの急斜面は、アイゼン&ピッケル装備です。
c0042847_1137776.jpg

残雪帯を登り終えて、無事鞍部に到着。
前日、このあたりで滑落事故が起きました。怖い、怖い。(^^;
c0042847_11384814.jpg

その先は雪も消え、完全に夏道です。
c0042847_11391461.jpg

無事に針ノ木岳GET♪
c0042847_11395877.jpg

先が長いので、休憩もそこそこに進みます。
けっこう岩岩の気の抜けない道がずっと続きます。
c0042847_1141455.jpg

ガラガラの急斜面を登って、
c0042847_11413969.jpg

スバリ岳山頂。まだ、ガスは取れません。
c0042847_11425061.jpg

さらに進んで行くに連れ、ガスが晴れてきました♪
c0042847_11483368.jpg

こんな道をずんずん登って行くと
c0042847_11435120.jpg

赤沢岳山頂。
c0042847_1144228.jpg

眼下に広がる雲海。これが本当の雲海テラスだね。(^^)
c0042847_11452235.jpg

赤沢岳山頂でYさんにもらった3色ダンゴ。
剣岳とコラボですが、何か?(笑)
c0042847_11493645.jpg

まことにお花の多い道。疲れた身体が癒されます。
c0042847_11502137.jpg

鳴沢岳。まだまだ、先は長い・・・
c0042847_11511528.jpg

雲が下からモクモク湧いてきますが、お天気はまったく問題なし。
っちゅうか、暑いんですけど。(^^;;
c0042847_11524237.jpg

鳴沢岳から、コースタイムだと30分なんだけど、なかなか遠かった新越山荘。
c0042847_11533882.jpg

鳴沢岳からは、けっこう歩きやすい道になりました。
でも、種池山荘まで遠いなぁ・・・ まずは、最後のピークを越えないと。
c0042847_11544313.jpg

ということで、岩小屋沢岳到着。
c0042847_11553920.jpg

見あげれば青い空と白い雲。その下にずっと続く稜線。
楽しい・・・。楽しいけど、もうかなりヘロヘロです。
しかも、種池山荘近くになって、まさかの登り返し。Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン
c0042847_1156377.jpg

針ノ木峠を5時半に出発してから9時間。ようやく種池山荘に到着しました。
でも、爺ヶ岳に続く稜線を見たら、そっちも行きたくなっちゃうなんてね。(^^;;
c0042847_11583980.jpg

山荘で買った冷たいコーラ。やっぱ、コーラですわ。(笑)
c0042847_11593859.jpg

小屋でゆっくり休憩してから、柏原新道を2時間45分かかって
登山口まで降りました。
c0042847_1202754.jpg

柏原新道の途中で見えた扇沢駅。
なまじ見えてからが、死ぬほど遠く感じるんだなぁ。
c0042847_1223936.jpg

爺ヶ岳登山口にて。
針ノ木小屋からずっと、抜きつ抜かれつで歩いてここまで来た、東京と
静岡からの3人も一緒に記念撮影。
お互いの健闘を讃え合いました。(o’ω’o)ノオツカレサマ~☆
c0042847_12142111.jpg

距離 23.5km
累積標高差 2660m
所要時間 約19時間

★針ノ木岳 1日目
[PR]
by yoiusagi555 | 2012-07-18 12:06 | 200名山

針ノ木岳 1日目

雨で一日入山が遅れましたが、予定通り針ノ木岳に行って来ました。
c0042847_17191576.jpg

土曜日の扇沢。雪渓を登るのにこのガスと雨では、さすがのusagiも入山は諦め、
急きょ、豊科観光に変更。(ちひろ美術館とかね ^^)
1日停滞して、翌日に針ノ木岳に登ることにしました。
c0042847_17202641.jpg

日曜日の扇沢。
小雨は降っているものの、昨日に比べたら山がはっきり見えています。
c0042847_17221726.jpg

助っ人も2人加わって、元気にカッパ着て出発♪
c0042847_17223616.jpg

1時間半ほどで大沢小屋。中でしばらく休ませてもらいました。
ここを過ぎると、いよいよ針ノ木の大雪渓が始まります。
c0042847_17245913.jpg

針ノ木の大雪渓、歩き始めはゆるやかな傾斜。
c0042847_17253350.jpg

でも、あちこちにこんな大きな落石が・・・
c0042847_17262311.jpg

時折、強く降る雨の中、道案内の鯉のぼりを頼りに雪渓を詰めます。
c0042847_17272867.jpg

針ノ木峠の手前はこんな急傾斜。でも、ステップがあるので慎重に登って・・・
c0042847_17291656.jpg

ちょうど3時間で針ノ木峠に到着しました。
c0042847_17295956.jpg

この日、お世話になった針ノ木小屋。
受付を済ませ、ちょっと休憩してから蓮華岳を目指します。
c0042847_17314437.jpg

蓮華岳への稜線を少し登ってから、小屋を見下ろすとこんな感じ。
けっこう大変なところにテン場があるなぁ。
c0042847_17362675.jpg

蓮華岳のなだらかな稜線。砂礫の斜面にはコマクサの群生。
c0042847_17373150.jpg

蓮華岳GETです♪
c0042847_1739187.jpg

c0042847_17394222.jpg

c0042847_1740188.jpg

c0042847_17404420.jpg

花々を愛でながら、のんびり小屋に戻りました。

★針ノ木岳、2日目
[PR]
by yoiusagi555 | 2012-07-17 17:41 | 200名山

明日は針ノ木岳

ホントは今夜発で扇沢で前泊の予定だったけど、
こっちも雨、針ノ木小屋に問い合わせたら現地も雨。

何やらテンション下げまくりで、出発は明日にしました。

去年から、ずっとずっと行きたいなぁと思い続けてた針ノ木岳。
せっかくなら青空の元で登りたかったけど、梅雨時の今では
望むべくもないのかしらん。(泣)

でも、現地にさえ入らないまま敗退したら、さらにテンション
下がるんで、とりあえずは行ってきます。(`・-・´)
[PR]
by yoiusagi555 | 2012-07-13 19:59 | たわごと

今日のお散歩

朝、パパとエリちゃんを駅まで送った帰り道、前から気になっていた
北新町の辺りをコーダとお散歩して来ました。
c0042847_18285774.jpg

セブンイレブンに車をとめ、ほんの10分ほど歩いたら、もうこんな感じ。
フェンスの向こうは、けっこう大きな池です。これは、あとから見ることにして・・・
c0042847_18294689.jpg

さらに歩くと、こんな感じ。ちょっとした山に来たみたい。
c0042847_1830331.jpg

がまの穂なんかもあって、いかにも田舎。
c0042847_18311413.jpg

何やらキレイな花が咲いていたけど、これは園芸種かな。
こんなところまで種が飛んで、野良って咲いたんだね。
c0042847_1832560.jpg

さらにずっと歩いていったら、
c0042847_18322490.jpg

けっこう大きな池に出て行き止まり。
c0042847_1833062.jpg

usagiがひとりで池探査に行っている間、コーダはおりこうでお留守番。
c0042847_18335468.jpg

池の周りには、やたらキレイなトンボも飛んでいたけれど、
写真撮影には失敗。(>_<)
c0042847_18345223.jpg

戻って来て見た、手前の池。けっこう大きいです。

ホントにご近所なのに、まだまだ知らないところはいっぱいあるなぁ。
コーダ、また探検しようね。(^^)
[PR]
by yoiusagi555 | 2012-07-13 18:29 | お散歩