usagiの冒険

yoiusagi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:登山( 326 )

usagiは元気です。

GWに富士見台に行ってから、どこでフラフラ遊んでいたかというと・・・

佐渡島で金北山に登ったり、タライ舟に乗ったり、
c0042847_164943.jpg

c0042847_1654967.jpg

パパと東京に行って、国立西洋美術館で開催されてたガラヴァッジョ展や、古川庭園のバラを鑑賞したり、
c0042847_1662424.jpg

c0042847_1673712.jpg

簗谷山という岐阜の低山に登ったり
c0042847_16324942.jpg

師崎や自宅で誕生会をしてもらったり(ロウソクは気にしないで ^^;)
c0042847_1699100.jpg

c0042847_1612565.jpg

千種公園のユリを見たり、筒井町のお祭りを見たり
c0042847_16131173.jpg

c0042847_1628064.jpg

ムッタとりまと娘で猿投山に散歩に行ったり
c0042847_16154837.jpg

福井の姥ヶ岳でブナの森に癒されたり・・・てな感じで過ごしていたました。
c0042847_16171642.jpg

c0042847_1618243.jpg

時々は地域猫に餌やったりもして(笑)
c0042847_16203983.jpg

c0042847_16215122.jpg


明後日からはイタリアです。
またまたパパと、イタリア語まったくわからず、英語も怪しいふたりの珍道中です。
無事に帰って来たら、またご報告しますね。 → Sさん、Tさん

んでは、いってきます。(^^)/
[PR]
by yoiusagi555 | 2016-06-14 16:24 | 登山

富士見台

5月5日、会の新人さんと一緒に富士見台に行ってきました。
何度行っても、何度見ても、こころ安らぐ景色でした。
c0042847_1891676.jpg
c0042847_1893732.jpg
c0042847_189442.jpg
c0042847_1895169.jpg
c0042847_1895825.jpg
c0042847_1810627.jpg

[PR]
by yoiusagi555 | 2016-05-06 18:10 | 登山

毛無山

GW最初の山は、何度も計画が流れなかなか行けなかった毛無山。
メンバーと天候に恵まれ、ようやく登ることができました。
c0042847_2184975.jpg

登山口最寄りの有料駐車場。
封筒に名前と車番を書いて500円投入した封筒をポストに入れます。
c0042847_2110377.jpg

登山道はよく整備されていますが、いきなり急登が始まり、稜線までずーーーっと急登です。(笑)
c0042847_21112970.jpg

がまんして登って、やっと6合目。
c0042847_2111534.jpg

まだまだ稜線は遠い・・・
c0042847_21133152.jpg

やっとで稜線に上がれば、さっきまでの苦労が報われる超快適な道
c0042847_21141629.jpg

c0042847_21263597.jpg

ほどなく1等三角点のある山頂。大勢の人が憩っています。
でも、usagi御一行は、もう少し先の毛無山最高点を目指します。
c0042847_21151557.jpg

少し雲が多いものの、富士山もお出迎えです。
c0042847_21155730.jpg

そしてここが毛無山の最高点。雨ヶ岳への縦走路の途中にあり、うっかり見過ごしてしまいそうです。
c0042847_2117537.jpg

国土地理院の地図にある毛無山山頂はここ。
まー、三角点やら、最高点やら紛らわしいけど、みんな踏んどけば大丈夫。(爆)
c0042847_21255746.jpg

下山は地蔵峠経由
c0042847_2119847.jpg

なかなか険しいところもありますが、だいたいは歩きやすい道
c0042847_21194158.jpg

だんだんいい天気になってきました
c0042847_21201682.jpg

c0042847_21202732.jpg

無事下山して、麓宮にお礼まいり
c0042847_212058100.jpg

下山したら、すっかりお天気回復、富士山もばっちりでした。
c0042847_21212643.jpg

麓から眺めた毛無山。やっぱ、噂通りの急登だったけど、楽しい山でした(^^♪
[PR]
by yoiusagi555 | 2016-05-02 21:22 | 登山

韓国ツアー ハルラ山に登る

4/13-16で韓国、済州島のハルラ山に登ってきました。
c0042847_19653100.jpg

以前はセントレアからも直行便があったという済州島
今は釜山で乗り換えなので、近い割に遠い島になりました。
さらに、チェジュ空港が霧のためフライトが1時間も遅れ、ようやくという感じで到着です。
c0042847_1993042.jpg

翌朝は快晴。ホテルからタクシー、市外バスを乗り継いでハルラ山登山口へ。
ハルラ山はいくつも登山道がありますが、今回はロングコースのソンパナク登山口からピストンしました。
c0042847_19112770.jpg

ここがソンパナクコースの入口。以前は有料だったそうですが、数年前に世界遺産になってから入山料がいらなくなりました。
c0042847_19364756.jpg

道はしっかり整備され、遊歩道といった感じでずっと山頂まで続きます。
c0042847_19131378.jpg

登山道には100mごとに標石があり、地図も完備しているので、何の心配もありません。
c0042847_19144359.jpg

ソンパナクコース、2つめの小屋のところにゲートがあり、ここを12:30に通過しないと山頂へは進めません。
もちろん、軽くクリアで山頂を目指します。
c0042847_19154793.jpg

ずっと樹林でもくもく歩くだけの道から、ようやく展望が開け、目指す山頂が見えてきました。
c0042847_19164198.jpg

さあ、もうひとがんばりで山頂です。
c0042847_19172616.jpg

無事、最高点に到達!
実は、ハルラ山はホントの山頂は立ち入ることができず、火口湖を眺めるこの地点が山頂となってます。
c0042847_19182614.jpg

火口湖はこんな感じ。いい景色です。
c0042847_1919335.jpg

それにしても、山頂、めちゃめちゃ混んでます。
どこからこんなに人が集まるのでしょう。この日は木曜日で平日のはず。
みなさん、お仕事はしてないのかな?(^^;
c0042847_1920736.jpg

ホントは、ソンパナクから登って、カンヌンサコースで下る予定だったのですが、こちらのコースは落石があったとかで、まだ通行止め。この春、開通予定だったみたいですがつつじの季節の間に合うのかな?
c0042847_1922277.jpg

ということで、しょうがないので来た道を戻ります。
まだ、どんどん登ってきます。さっさと降りよう。
c0042847_19231985.jpg

つつじ畑休憩所まで戻ってきました。
手前の堅いツボミがさつきです。これが全部咲いたら、この辺りの景色は一変するのでしょう。
c0042847_19254963.jpg

こんな感じに。

ハルラ山無事登頂の後は、しっかり済州島観光♩
c0042847_19281243.jpg

c0042847_19291692.jpg

c0042847_19292888.jpg

おいしいものをあれこれ頂き、
c0042847_1930818.jpg

c0042847_19303151.jpg
c0042847_1930449.jpg
c0042847_19313338.jpg

c0042847_19322615.jpg

海や、山や、歴的建造物やらあれこれ眺め、3泊4日の済州島ツアーを存分に楽しんだのでした。(^^♪
[PR]
by yoiusagi555 | 2016-04-20 19:33 | 登山

フクジュソウに会いに藤原岳へ

c0042847_16541653.jpg

フクジュソウを久々に見たくなって、藤原岳に行ってきました。
c0042847_165622100.jpg

この日は、山岳会の仲間2人とまったり大貝戸登山口から歩きました。
お天気もよく、のんびり歩いて8合目へ。
そろそろ、フクジュソウが咲いているはず。
c0042847_16565675.jpg

ほう、まだこのあたりはツボミですね。
c0042847_1658455.jpg

9合目の日当たりのよい斜面では
c0042847_16583778.jpg

満開のフクジュソウ!この日見た一番大きな株です。
c0042847_16591121.jpg

まことキレイで、ここまで登ってきた甲斐があります。
c0042847_16595924.jpg

しっかり花を愛でた後はとりあえず避難小屋に向かいますが、人、人、人。。。
c0042847_1712961.jpg

あまりの人出だったので、ちょっとは人がいないであろう天狗岩方面へ。
でも、途中で天狗岩から戻ってきた人に、花は全然ないですよと言われてがっかり。
かつては、ずいぶんこっちの方もたくさん咲いていたという話だったのですが。
c0042847_1724811.jpg

しょうがないので、風をよけながら景色のいいところでお昼ごはん
c0042847_1753218.jpg

花と景色を堪能したあとは、また同じ道をのんびり歩いて下りました。
[PR]
by yoiusagi555 | 2016-03-22 17:06 | 登山

みんなでまったり鍵掛山

昨日の土曜日は、山岳会の仲間たちと鳳来の鍵掛山に登ってきました。
低山ながら、低山だから?山頂直下は急斜面と、ざれたトラバース。
短い行程ながら、なかなかタフに楽しめました。(^^;
c0042847_15595817.jpg

鳳来峡インター出てすぐの六所神社横から歩きます。
c0042847_1641555.jpg

c0042847_165084.jpg

林道大六線を進んでいくと
c0042847_16164086.jpg

二股に分かれたところにこんな看板が。
運が良いことを祈って、ここは左に進みます。
c0042847_1664435.jpg

林道終点からは荒れた道が続きます。
c0042847_1685676.jpg

急登を我慢して登ると尾根に上がります。ここからはなかなか快適な道。
と言いながら、倒木をよっこらしょと越える。(笑)
c0042847_16161987.jpg

山頂直下の急なトラバースを回り込むと、鍵掛山山頂に到着
c0042847_1611959.jpg

2等三角点のある山頂からは、なかなかの眺め。
北の正面には三瀬明神山。かつては、あの山の中腹あたりに用事があったんだっけ。
c0042847_16122399.jpg

左に目をやれば高土山。ほんとは今日、あの山も登る予定だったけど
あんまりのんびりしすぎて、今回は時間切れ。また今度のお楽しみね。
c0042847_16141748.jpg

下山は来た道を気を付けて下ります。
c0042847_1615466.jpg

林道まで下ってやれやれ。
c0042847_16152716.jpg

ずっと川沿いの道。なかなかの清流です。
c0042847_16174532.jpg

かつてはわさび田があったようです。
c0042847_16182834.jpg

無事下山して、六所神社にお礼参りに行きました。
c0042847_1619285.jpg

ふもとの町は梅の里。満開の梅でいい香り(^^♪
[PR]
by yoiusagi555 | 2016-02-28 16:20 | 登山

懐かしいメンバーと鳳来寺山

先週の日曜日、懐かしいベアーズの仲間と3人で、鳳来寺山に行ってきました。
本当は北八ヶ岳の予定だったんですが、ひとり急きょ欠席になって、まあ近場にしようかと。
c0042847_15291440.jpg

一の門駐車場に止めて、参道を歩き始めます。
c0042847_15303363.jpg

一の門から登山口までは1.2km。
こんな感じで子丑寅卯と100メートルごとの案内があります。
c0042847_15445830.jpg

登山口からはかの有名な1452段の石段が続きます。
c0042847_1532363.jpg

ふうふうと登って、1時間ほどで鳳来寺に到着です。
c0042847_15331630.jpg

本堂横から、さらに急な階段を登って、山頂へと向かいます。
c0042847_15335427.jpg

とうとう崩れはてた奥の院を横目で眺め
c0042847_1546697.jpg

鳳来寺山山頂に到着!
c0042847_15345892.jpg

今回はさらに150mほど棚山高原への縦走路を進み、瑠璃山へ。
c0042847_15354865.jpg

瑠璃山は、山っていうより、岩峰のひとつという感じ。
ミニミニクライミングでよっこらしょと上がると、なかなかの景色です。
c0042847_15364720.jpg

いったん鳳来寺山山頂に戻り、今度は鷹打場目指して岩尾根を下ります。
c0042847_15374168.jpg

鷹打場到着。やっぱ、ここからの眺めが一番いいね。
c0042847_15381470.jpg

それにしも、なんでこんなくらいの岩場が怖いのかなー。
以前は得意分野だったのにね。(^^;;
c0042847_15385765.jpg

鷹打場からはトラバースを通って東照宮まであっという間。
c0042847_15393032.jpg

いつ見ても可愛い狛犬だわ。(笑)
c0042847_1540086.jpg

下山は馬の背展望台経由で。これがまた、なかなかワイルドな道で・・・
c0042847_15403713.jpg

展望台、ほとんど壊れてます。
c0042847_15412829.jpg

馬の背展望台コースを下ると、仁王門のところに出ます。
そこからはほんの一足で参道に到着。
c0042847_15422567.jpg

見上げれば、さっきまでいた鳳来寺山。
なかなか楽しい登山でした(^^♪
[PR]
by yoiusagi555 | 2016-02-23 15:43 | 登山

六甲山を越えて、有馬温泉へ

先週土曜日、始発の新幹線に乗って、六甲山に登ってきました。
コースは、芦屋駅から荒地山を超え、雨ヶ峠から東おたふく山、石宝殿経由、
六甲山の最高峰を踏んでから魚屋道で有馬温泉に下るコース。
c0042847_9551139.jpg

c0042847_9545612.jpg

芦屋駅を出発し、芦屋川沿いを歩きます。
c0042847_1005782.jpg

芦屋の高級住宅街を抜けると、いよいよ登山口
c0042847_1013719.jpg

案内板完備のよく整備された登山道を登ります。
c0042847_1022835.jpg

荒地山コースはこんな石梯子や
c0042847_103210.jpg

ザックを下ろさないと通過が大変は新七右衛門嵓などなかなか楽しいです。
c0042847_104992.jpg

登山客でごった返す雨ヶ峠からは、東おたふく山コースへと進みます。
c0042847_1044995.jpg

まことに気持ちのいい東おたふく山への道
c0042847_1072532.jpg

東おたふく山から六甲山最高峰へは、らくらく林道コースもあるけれど、あえて石宝殿コースへ
これがまた、けっこうな急登。
c0042847_1075710.jpg

白山大伸が祭られた石宝殿は、かつては雨乞の儀式も行われた場所とか。
いまはひっそりとしています。
c0042847_1094173.jpg

c0042847_1091791.jpg

六甲最高点までは、このまま車道を進めばあっという間なんですが、あえて林間コースへ。
途中1か所、崖崩れしているところがあり、注意して進みます。
c0042847_10105314.jpg

c0042847_1011440.jpg

そしてたどりついた六甲山最高点(^^♪
大勢の登山客でにぎわっています。わたしたちもゆっくり、まったり休憩してから
c0042847_10115062.jpg

魚屋道で有馬温泉に下ります。
この道は、かつて神戸の魚崎から魚を有馬温泉に運ぶのに使われたとか。
c0042847_10132915.jpg
c0042847_10134118.jpg

1時間ほど歩いて、無事に有馬温泉に到着。
銀の湯、金の湯をハシゴしてすっかり満足。
c0042847_10142567.jpg

バスの時間まで六甲ビールでまったりして
c0042847_10144689.jpg

阪急バスで新大阪駅まで。
楽しい1日は、ゆっくりと過ぎていったのでした。
[PR]
by yoiusagi555 | 2016-02-08 10:15 | 登山

硫黄岳

1/10-1/11で今年、初めての雪山は本沢温泉から硫黄岳でした。(ただし、敗退 ^^;)
c0042847_10441892.jpg

みどり池入口ゲートから本沢温泉に向かうも、まったく雪がありません。
c0042847_1045061.jpg

少しずつ雪が出てきましたが、溶けて凍ってを繰り返し、スケートリンクみたいなところも。
c0042847_10455458.jpg

しらびそ小屋のあたりはさすがに雪。でも、みどり池に乗ったらドボンしそうで・・・
c0042847_10465492.jpg

本沢温泉に近づくとさらに雪がなくなり、なんだか春山登山みたい。
厳冬期の八ヶ岳のはずなんだけど・・・(^^;
c0042847_10474725.jpg

無事、本沢温泉に到着(^^♪
c0042847_1114579.jpg

石楠花の湯がキレイに立て替わっていました。
c0042847_10485981.jpg

ついでに野天風呂も見学。おひとり入って見えたので、お声をかけてから撮影。
ここはさすがに入る勇気がありません。
c0042847_1050932.jpg

翌朝、硫黄岳に向かうも、お天気まったくよくありません。
今回は男性3名、女性4名のパーティでしたが、とりあえず男性チームのみ山頂目指していただきました。
c0042847_10515071.jpg

女性チーム、夏沢峠までは行きましたが、山頂から戻ってくる人たちの感想
「風が強く、視界も悪い」で、ここで引き返し決定
c0042847_1053589.jpg

下って来たら、だんだんお天気回復してきました。ま、そんなもんです。
男性チームも、山頂手前でゴーグルが凍り付き、敗退。
c0042847_10541254.jpg

帰り道、女性チームは林道コース、男性チームはみどり池コースで下山。
c0042847_1104555.jpg

初めて通った林道コース。意外といい景色でびっくり。奥秩父の山々や富士山まで。(^^)
c0042847_10563265.jpg

稲子湯で温泉に浸かった帰り道、八ヶ岳がこれでもかというくらいキレイに見えました。

※usagiが行ったのは1/10-1/11で、その後寒波が来たのでちょっとは雪が増えたかしらん。
 こんなに雪が少ないのは初めてだと、小屋の方も言っておられました。
[PR]
by yoiusagi555 | 2016-01-21 10:58 | 登山

倶留尊山

先週末、会の新人さんを連れて、奈良県の300名山 倶留尊山に行ってきました。
c0042847_1695622.jpg

名古屋から、東名阪、名阪と走って2時間40分で曽爾高原に到着。
ここはススキが有名で、シーズン最盛期には多くの観光客でにぎわうようです。
でも、今はもう枯れすすきで、すっかり静かな高原です。
c0042847_1612910.jpg

よく整備された遊歩道を登って亀山峠へ
c0042847_16131849.jpg

風は強いものの、いい天気でいい眺めです(^^♪
c0042847_16151971.jpg

亀山峠からは尾根道になります。ちょこっと岩場も出てきます。よっこらしょと登って
c0042847_16162210.jpg

二本ボソ手前の料金所。ここから先は私有地なので通行料がいるのです。(金500円也)
c0042847_16172043.jpg

二本ボソ山頂はちょこっとだけ雪
c0042847_16321416.jpg

目指す倶留尊山へは、いったん下って、また登ります。
c0042847_16333632.jpg

しっかりロープが設置されたやや急な道を歩いて
c0042847_16205342.jpg

倶留尊山に到着!ひさびさの300名山ゲットです♫
c0042847_1637638.jpg

山頂のちょっと先は雪(といっても数センチ)
ほんのちょっとでも、雪があると何だか楽しいね。
c0042847_16221128.jpg

山頂からの眺めを楽しんでから下山です。
c0042847_1630235.jpg

まずは、目の前の二本ボソまで登り返しです。
c0042847_16232743.jpg

この日は風が強くて、稜線上はビュービューです。
でも、立ってられないほどではないので、峠から亀山経由で下山することにしました。
c0042847_16242595.jpg

このあたりが亀山。あとは階段を下るだけ。
c0042847_16251420.jpg

亀池まで降りてきました。シーズン中は、灯篭に灯りがともるんですって。
いい感じでしょうね。
c0042847_1626169.jpg

下山後はお亀の湯。つるつるすべすべのまこと気持ちのいい温泉でした。
c0042847_16264363.jpg

[PR]
by yoiusagi555 | 2015-12-08 16:26 | 登山