usagiの冒険

yoiusagi.exblog.jp
ブログトップ

キナバル その2

深夜2時30分に出発しましょうと、現地ガイドのサイさんと打合せたので、
前日は早めに就寝、1時半に目覚ましをかけた。
気持ちが高まっているせいか、意外と眠くなく、小屋で用意してくれた
朝ごはん(深夜ご飯?)のトーストを1枚食べ、サバティーを飲んで準備完了。
予定よりも10分早く歩き始めた。
c0042847_10145247.jpg

歩き始めから、すでに北岳は超えてるね。
c0042847_10175281.jpg

真っ暗な中、ヘッデンの明かりを頼りにゆっくり登っていく。
なにせ標高が高いので、体を慣らしながら歩かないと高山病が怖い。

最後のサヤサヤ小屋で入山許可証の最終チェック。
小屋を過ぎると、フィクスロープが張られた急峻な岩場になる。
真っ暗で下が見えなくてよかったねー、って感じ。
片側がすっぱり切れ落ちた岩場なので、明るかったらけっこう怖いだろう。
c0042847_1594063.jpg

急登が終われば、山頂のなだらかな岩稜帯に到着。
ここからはビクトリーロード。
だんだん東の空が明るくなって行く。
c0042847_15111976.jpg

人でゴッタ返すキナバル最高地点、ローズピークはすぐそこ。
c0042847_1512835.jpg

ついに、4095.2mのキナバル山頂に到着~♪
c0042847_15133250.jpg

山頂で迎えるご来光♪
c0042847_1514154.jpg

今回、usagiが一番見たかったローズ・ガリーも朝陽に染まっていく。
c0042847_15145610.jpg

すっかりお世話になったガイドのサイさん、ジミさんに感謝♡
c0042847_1517079.jpg

ゴリラ岩の向こうには、大きな影キナバルが大地に広がる。
c0042847_15221928.jpg

いつまでの眺めていたい景色。。。でも、もう降りないとね。
(記念撮影の順番待ちもあるし ^^;)
c0042847_15224234.jpg

ついさっきまでいたローズピークを後に、次のお楽しみへと向かいます。
一般登山道で下山する3人とはここでいったんお別れ。
c0042847_15564783.jpg

それにしても、本当に言葉が出ないくらいの美しい風景が広がっています。
c0042847_15241196.jpg

ドンキーイヤーピーク。ここには高難度のクライミングルートがあるらしい。
ユージたちが登ったとかの。
c0042847_15263618.jpg

でも、usagiたちが向かった先はここ。「ローズピーク サーキット」
ギネスブックにも載る、世界最高所から始まるヴィアフェラータ。
なにせ、スタート地点が3776mで富士山と一緒なんで笑えちゃう。
c0042847_1527356.jpg

ということで、始まりました。
このワイヤが命綱。ダブルカラビナの架替で下ります。
一応、ガイドさんがコンテでロープ握ってるけど、いかにもちょっと頼りなげ。
c0042847_15291253.jpg

ふー、気合を入れて下ろうっと。
c0042847_15295722.jpg

こんなとこやら
c0042847_15302445.jpg

こんなとこ。
c0042847_9595088.jpg

ガイドさんが面白がって橋を揺らす、揺らす。サービスしなくていいから!(>_<)
c0042847_15314227.jpg

さらに、ワイヤー1本で綱渡りを2回して
c0042847_15322663.jpg

4時間もかかって、ようやく岩場を下り終える頃には、クタクタに疲れ果てたのでした。
c0042847_1023434.jpg

・・・にしては、何やらうれしそうなusagi。
ちょっとだけ、昔はクライマーの血が騒いだかも。(笑)
c0042847_15333372.jpg

岩場から一般道に合流してほどなくペンダントハットに到着。
遅い昼ごはんを食べてから、一気に登山口まで下ります。
c0042847_15344067.jpg

ここがちょうど中間点。
疲れ果てた体には、小屋からの標高差1500m、6キロの道のりが
果てしなく長く感じられたのでした。(>_<)
c0042847_15372271.jpg

高い段差の階段登山道をひ~こら言いながら、4時間かかって下り
ようやく登山ゲート。すぐにお迎えの車に乗ってキナバル公園口へ。
そこで一般登山道で先に下った3人と合流し、カシミール君のワゴンでホテルまで
また2時間かけて送ってもらったのでした。

午前2時20分から歩き始め、ゲート到着は16時ちょい過ぎ。
実に行動時間14時間、累計標高差3000m以上を歩いた
長い長いハードな1日がようやく終わったのでした。
[PR]
by yoiusagi555 | 2014-05-26 15:42 | 登山