usagiの冒険

yoiusagi.exblog.jp
ブログトップ

ムッタの入院 その1

3/14(金)

ムッタが朝から何だか調子悪そう。
この日は、いつものわんわん保育園に連れて行こうと思ってたけど様子見ることに。

朝ごはんはいつも通り食べた。
パパとエリちゃんも、いつも通り見送った。

でも、その後・・・

食べたものをすべて吐いた。
それからも、何度も何度も戻し、心配になっていつものT動物病院へ。

ムッタは病院についてからも、診察室で2回も酷く吐いた。
すぐにレントゲン撮影。
c0042847_18591614.jpg

「あー、ビールの王冠ですね。」と先生。

まだ胃の中にとどまっているのか、十二指腸までいってしまったか
この写真だけではわからないけど、これだけ吐いても出てこないし、
腸を無事通過して下から出てくることはないと思われるので
回復手術ですねと言われる。

でも、T病院では手術は夕方6時半からしかできないと先生。

すぐに手術してもらえる病院はないんですか?
以前、コーダがお世話になった日本動物高度医療センターとか、
岐阜大とかがusagiの頭によぎったんで聞いてみた。

まあ、異物くらいで、そこがすぐに対応してくれると思えないし、
夕方でいいと思いますよというT先生の言葉で、とりあえずは
いったん家に戻った。それが朝の11時頃のこと。

でも、病院から外にでとたん、駐車場でも嘔吐。
家に帰ってからも、2回も嘔吐。それも激しく。
一応手術の予約はしてきたけれど、本当に夕方まで
待ってていいのかなぁと、ちょっと不安になる。

会社に出かけたパパはもっと不安だったらしい。
あれこれムッタの様子を電話で話したら、
すぐに対応してくれる病院を探して、そこに行った方がいいと言いはる。

で、パパが調べてくれたのが、「もりやま犬と猫の病院」
ここは年中無休、24時間対応の病院だった。
ここに電話で問合せたら、すぐに連れてきてとのこと。

でも、いつもの病院で手術の予約はもうしてあるし、そこは
初めての病院なんでどうなんだろうとusagiは思ったけど、
あまりパパが強くいうので、思い切ってこちらに行くことにした。

それから大急ぎで準備をして、会社を早引けしたパパと
藤ヶ丘で落ち合って、ムッタを「もりやま犬と猫の病院」を連れて走った。

「もりやま犬と猫の病院」は大きな病院だった。
すぐにもう一度レントゲン。
もしかしたら、内視鏡で異物は取れるかもと、処置が始まった。

切らずに済みそうでよかったねと、パパとちょっと安心して
待っていたら、ほどなく先生に呼ばれた。
もう済んだかなと思ったら、それは最悪の状態だった・・・
[PR]
by yoiusagi555 | 2014-03-24 19:15 | フラットコーテッド