usagiの冒険

yoiusagi.exblog.jp
ブログトップ

久々の本沢温泉、硫黄岳は敗退(>_<)

2/23-24は、ベアーズの仲間たちと本沢温泉に行って来ました。
本沢温泉は、usagiは2年ぶり2回め。
今回は、気のおけない仲間たちと温泉、宴会、おしゃべりを楽しむための山行。
まあ、翌日お天気よかったら硫黄に登りましょうねって感じです。
c0042847_921746.jpg

出発した日は超快晴。
天気予報は悪目だったけれど、低気圧がちょこっとブロックされて
晴れ間が出たようです。(Sさん解説) でも、寒い。。。
c0042847_9225847.jpg

長坂ICを降りて、コンビニに寄った時の景色です。
雪煙上がる甲斐駒ヶ岳も超迫力♪
c0042847_9245850.jpg

赤岳もキレイに稜線が見えていました。
c0042847_9253293.jpg

登山口の稲子湯。
林道ゲート前まで車で行ってみたけれど、ちょっと心配なのでここまで戻って止めました。
c0042847_927938.jpg

本日のメンバー。GAKU君(12才)も元気に出発です。
c0042847_9294467.jpg

1時間40分ほどでシラビソ小屋到着。
ここまで、雪は多かったものの、トレースもバッチリでした。
でも、usagiは今一つ調子が上がらず、いつもより遠く感じたシラビソ小屋でした。(^^;
c0042847_932636.jpg

小屋からは天狗岳もキレイに見えていました。
さあ、本沢温泉目指してもう少しがんばろう。
c0042847_933233.jpg

中山峠との分岐。
c0042847_934480.jpg

やはり、今年は雪が多いなぁ。
c0042847_935286.jpg

シラビソ小屋から1時間40分ほどで、本沢温泉のテン場に着きました。
この日はテント2張りだけ。
c0042847_936122.jpg

さらに歩くこと10分、ようやく本沢温泉に到着♪
c0042847_9375719.jpg

明日はあそこまで上がれるかなぁ。
c0042847_9383582.jpg

そんなことはさておき、まずは受付をすませて早く温泉に入ろう。
c0042847_9391758.jpg

ということで、温泉「石楠花の湯」です♪
夏は小屋内のりっぱな内湯に入れますが、冬季はこの離れの温泉のみ。
ここだけなので、時間制で男女入れ替えです。(混浴の時間帯もあり)
c0042847_940266.jpg

中はこんな感じ。2つ浴槽があって、手前が真っ赤なお湯でちょっと熱め。
奥は少し薄い色のお湯でちょっとぬるめ。
どっちもしっかり浸かって温まりました。(^^)
c0042847_9415578.jpg

温泉から出て、部屋で早々と宴会を始め、その後食事に呼ばれて食堂へ。
この日の宿泊客はこんなところ。これにusagiご一行の5人と、自炊の
お姉さんたち4人くらいなので、ゆったりしたもんです。
c0042847_9442833.jpg

お酒もいろいろ置いてありました。
でも、ここは青年小屋と違って時間が厳しく、食堂利用は7時まで。
消灯時間の8時半には、何の前触れもなバチッと電気を切られました。(^^;
c0042847_947426.jpg

翌朝は予想通り雪。
c0042847_9474322.jpg

風も強く、とても稜線に上がる気がしないので、さっさと帰り支度です。
c0042847_9485661.jpg

いつもの2倍の積雪量とのこと。小屋の人も大変でしょう。(^^;
c0042847_948308.jpg

さあ帰りましょう♪
c0042847_9494319.jpg

稜線はこんな感じ。樹林でもけっこうな風だったので、稜線に出たらめちゃ大変でしょう。
(それでも、上がっていった人がいたみたい ^^;)
c0042847_951441.jpg

シラビソ小屋まで戻ってくると、ホッと安心するね。
c0042847_952317.jpg

気持ちのいい雪の道を歩いて、
c0042847_9524275.jpg

ゲートに到着。まだ車が一杯止まってました。
c0042847_953181.jpg

ゲートからさらに10分ほど歩いて稲子湯着。
ゆっくり温泉に浸かってから帰りました。
c0042847_954364.jpg

帰りの諏訪SAからの眺め。
地上はすっかり青空で、半分凍結した諏訪湖の眺めがキレイでした。
[PR]
by yoiusagi555 | 2013-02-26 09:56 | 登山