usagiの冒険

yoiusagi.exblog.jp
ブログトップ

丹沢縦走 ヤビツ峠~蛭ヶ岳

行程 2012年11月24日(土)
   7:24菩提峠--7:34ヤビツ峠登山口--8:44二ノ塔--9:02三ノ塔--
   9:46烏尾山--10:17行者岳--12:01塔ノ岳--13:42丹沢山--15:58蛭ヶ岳

しっかりキムチパーティで盛り上がった翌朝、暗いうちにお宿を後にし、
ヤビツ峠へと車で向かいました。
(食べきれなかったキムチとは、泣く泣くお別れし・・・ ^^;)
c0042847_11292482.jpg

当初はヤビツ峠に車を止めてと思ったけれど、トイレが故障中で使えず、
案内にしたがって富士見橋のトイレへ。
さらに林道を車で進むと、広い菩提峠駐車場に着きました。
c0042847_1137430.jpg

ヤビツ峠に止めるよりは30分ほど林道歩きを短縮できたのでラッキー♪
でも、よもやの雨スタートです。(^^;
c0042847_11381681.jpg

しとしと雨の中、雨具をつけて急な樹林帯の道を登ります。
よく整備されているので何の心配もないけど、二ノ塔まではガマンの登り。
c0042847_11393625.jpg

二ノ塔到着。雨です。(笑)
c0042847_11402435.jpg

さらにずんずん登って・・・
c0042847_11404257.jpg

三ノ塔の避難小屋に着きました。ここでようやくちょっと休憩。
c0042847_11413096.jpg

雨は粉雪へとかわり、少し地面が白くなって来ました。
丹沢の山々はびっしりと雲をまとっています。
c0042847_11441964.jpg

これから目指す蛭ヶ岳まで、あといくつピークを踏むのかな。
c0042847_1145241.jpg

こんな激下りや、
c0042847_11454532.jpg

ヤセ尾根も、しっかり整備されているんで、快調に進みます。
c0042847_11462434.jpg

烏尾山通過
c0042847_11464999.jpg

行者岳通過
c0042847_11471940.jpg

一番の難所、急な岩場も無事通過
c0042847_1148457.jpg

新大日に着いた時には、ちょこっと青空♪
c0042847_11492170.jpg

そして、塔ノ岳のピークはピーカンの青空が迎えてくれました♪♪
c0042847_1151110.jpg

それにしても、さすが超人気の丹沢。どこから湧いたの?ってくらい
登山者がワラワラいます。みんな、それぞれ楽しそうに憩っています♪
c0042847_11521517.jpg

でも、目指す蛭ヶ岳はまだまだ先。早々に塔ノ岳を後にしました。
c0042847_11533976.jpg

雲は多いものの、目指すピークを見ながら超気持ちいい稜線歩きです。
c0042847_11545149.jpg

丹沢山に到着した時には、またガスの中に入ってしまいました。
c0042847_11552836.jpg

あらまあ、おりこうなワンコが自分の荷物背負って、ノーリードで登って来ました。
あんまりおりこうさんなんで、どうやって躾けたんですか?って聞いたら、
チェーンチョーカーを引っ張りながら、命令するんだって教えてくれたけど(英語)
そんなんで聞くもんだろか?(コーダにはとてもムリムリ ^^;;)
c0042847_11572727.jpg

蛭ヶ岳までは、まだまだ3.4km! 遠いお宿だなぁ・・・
c0042847_11582641.jpg

ますます視界は悪く、かなり疲れても来たけれど、がんばって歩きます。
c0042847_11591950.jpg

さらに小さなピークをいくつか越えて、ようやく見えた蛭ヶ岳山荘
c0042847_11595425.jpg

やったね、蛭ヶ岳!ようやく、丹沢山塊の最高峰get!!
c0042847_1203435.jpg

蛭ヶ岳山荘は、定員50名のところ、本日は120名で超満員。
前日がお天気悪かったんで、みんな翌日に流れたんですって。
さらに団体も2組・・・。おふとん1枚に2人でした。
c0042847_1215790.jpg

でも、usagiたちはまだお部屋に入れたからいいけど、あふれた人たちは
食堂におふとん引いて寝てました。まるで昔の修学旅行だね。(笑)

ということで、朝7時に歩き始めて、延々8時間半。
無事にお宿についたusagiたちは、食担Kさんのおいしいお鍋であたたまり、
しっかりビールも飲んで、お腹満タン。
少々窮屈ながら、翌朝の天気に期待しながら眠りについたのでした。

★丹沢縦走1日目  キムチパーティーと戸川公園散策
☆丹沢縦走3日目  蛭ヶ岳~鍋割山~大倉
[PR]
by yoiusagi555 | 2012-12-02 12:16 | 登山 | Comments(2)
Commented by brighten-s at 2012-12-03 09:27 x
楽しそうですね(^-^)
悪天候やハプニングもまた良しという、山の楽しみ方を教えられます。
ワンコ君、ほんとお利口! 会いたかった♪
外国の方?は日本人とは犬との付き合い方が違うような気もします。
基本ノーリードで歩けない飼い主は×って見方もあるような。
じゃあ私なんて全然だめじゃん(--;)

峰の原のペンションからは根子岳に登れるようで、
花の百名山の1つを来年は目指してみようと思っています♪
フラット連れで行く人もいるみたい。コーダ君なんてちょろいんじゃない?
Commented by yoiusagi555 at 2012-12-03 09:56
丹沢のおりこうワンコの飼い主は、ワンコによく似た感じの
(失礼 ^^;)外人さんでした。

以前はノーリードでコーダも山の中を走り回っていたけれど、
あれだけ大きくなると犬嫌いな人を驚かせることにもなるし、
(黒いんでクマかイノシシに間違えられそう ^^;)
かといってピタっと丹沢のワンコみたいにおりこうに飼い主に
ついて歩くなんて至難の業だし・・・(ダメ飼い主 >_<)
でも、犬には英語の方が覚えやすいかなとちょっと思いました。
命令がシンプルですもんね。

根子岳のウワサは聞いています。
ワンコたちを連れた山好きの人がよく登っているようですね。
数年前に登ったことがありますが、ダボス牧場から四阿山、
根子岳とぐるっと1周して、満開のレンゲツツジがキレイでした♪

今年はもう雪いっぱいでしょうね。
来夏はコーダも根子岳デビューしようかな。(^^