usagiの冒険

yoiusagi.exblog.jp
ブログトップ

白馬三山 3日目

100張以上のテントひしめく白馬のテン場。
そりゃあ、早立ち組が多少うるさいとは思っていたけれど、まさか
午前3時からハイテンションで騒ぎまくるグループがいるとは思わなかった。

先輩ぃ~と甘えた声の後輩(女)。「私、寝相悪くなかったですかぁ~♡」だって。
先輩なら、あの女をシュラフに放り込んで、口をぎゅっと縛ったままにしておいて!

そして、午前4時に突然外から、「おはよー」と声をかけられ、朝露で
濡れたテントを思いっきり揺すぶられた。(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!
でも、その時はおかしいなぁと思いながらも、ウチのグループの誰かと思ってた。

んでもって、「御来光撮りに行くから、あと5分で用意できなかったら置いてくよ。」
とも言われ、「昨日見たからいいです。。。(眠い)」とusagiが断ると、
「アイちゃん、調子どう?」と、その男。

え、アイちゃん?
テント、間違えてるじゃん。


「あのー、テント間違えてるんじゃないですか?」とusagiが言ったら、
そいつは、ごめんなさいも言わずに去って行った。まったく失礼な。(怒)

もう、朝からすっかり疲れ、何だか頭も痛くなって来た。
ようやく、おしゃべりグループがどっかへ行き、アイちゃんと間違えた男も
どっかに行き、少しウトウトしてたらもう起きる時間。
c0042847_9453099.jpg

しょうがないなぁと、テントから出て眺めた景色。朝からいい天気♪
c0042847_1014457.jpg

ささっと朝ごはんを食べ、テントを撤収して頂上宿舎前に集合。
この日は雪渓を下って猿倉まで降りるだけだから余裕だね。
c0042847_104315.jpg

おっと、その前に準備体操。さすが山岳会です。(笑)
c0042847_1051292.jpg

昨日登った鑓ヶ岳と杓子岳が朝陽に映えて美しいこと。
c0042847_1055949.jpg

けっこう急でガラガラの歩きにくい道です。
c0042847_1065022.jpg

でも、周りはやっぱり、花、花、花。さすが、白馬岳♪
c0042847_1074288.jpg

キレイな避難小屋前でちょっと休憩。みんな元気満々です。
c0042847_1082293.jpg

さらにどんどん下って行きます。
c0042847_1091521.jpg

上部の小雪渓はすでになく、横の夏道を下ります。
c0042847_1044148.jpg

雪渓が近づくに連れ、どんどん道が悪くなって行きます。
さらに、登ってくる人とのスレ違いもあり、気が抜けません。
c0042847_10111616.jpg

雪渓に到着。アイゼンをつけ下り始めます。
c0042847_10102865.jpg

雪渓の上部はこんな感じ。いかにも岩が転げ落ちてきそう・・・
c0042847_10122111.jpg

下から人がアリの行列のようにどんどん登ってきます。
c0042847_1013210.jpg

上を見あげれば青空
c0042847_10132321.jpg

でも、雪渓上はガスが出て、冷蔵庫の中みたいにヒンヤリです。
c0042847_10282212.jpg

ネットで見た、落石注意をうながす看板も発見
c0042847_1014628.jpg

だれも滑って転ぶことなく、無事雪渓終了♪
c0042847_10144225.jpg

少し下って、白馬尻小屋到着。
休憩なしで一気に雪渓を下ってきたので、ここでちょっと一休み。
c0042847_10154220.jpg

その後は、ところどころ木道も出てきて、歩きやすい道になりました。
c0042847_10164290.jpg
c0042847_10163223.jpg

このあたりまで下ってくると、ホトトギスやヤマアジサイなど、
行きにも見た花たちが出迎えてくれました。
c0042847_10173611.jpg

しばらく歩いて林道。ここから猿倉までが暑くて遠かった~。(^^;
c0042847_10213476.jpg

歩き始めて4時間で、無事猿倉山荘まで降りてきました。
c0042847_10194180.jpg

すぐにかき氷!といきたいところだけど、やっぱり山岳会なので体操が先。(笑)
c0042847_10202974.jpg

やっとでごほうびのかき氷にありつけましたとさ。
c0042847_10381457.jpg

2泊3日で歩いた道です。
こうしてみると、けっこう下山も長いなぁ。(^^;
c0042847_103996.jpg

最後に、旭岳の勇姿。ホントはここに一番登りたかった。
でも、またいつかね。

★白馬三山 1日めはこちら
★白馬三山 2日目はこちら
[PR]
by yoiusagi555 | 2012-08-08 10:22 | 登山 | Comments(0)